So-net無料ブログ作成

RUBBER SOUL(PARLOPHONE PMC1267) matrix 4/1 [The Beatles]

モノラル盤「ラバー・ソウル」の初版、マトリクス番号が1番のものは音圧が高い「ラウド・カット(Loud Cut)」と呼ばれ、珍重されています。
ネット・オークションでしばしば見かけますが値段もそれなりに高く、おいそれとは入手できないものと思っておりました。

先日、某オークションで安価な開始価格の出品をたまたま見つけ、駄目もとで入札してみたのですが、入札ボタンを押した瞬間に自分の勘違いに気づきました。

というのは、商品の説明をよく見たら、SIDE1がマトリクス4、SIDE2がマトリクス1のハイブリッド盤だったのです。
あいにくと(?)自分の後にさらなる入札はなく、結果、落札してしまいました。

ほぼ同時に出品されていたマト1/1の盤がありましたが、最終的に2万円で落札されてました。その半額以下で今回は入手できました。


先日届いたのが、こちら。
IMG_5151.JPG

ジャケットはG&L社。
私がすでに所有しているmono(マト4/4)、stereo(3/2)のイエロー・パーロフォン盤と仕様は同じみたいです。
IMG_5154.JPG

インナースリーヴは「Important」。裏面、そして内側に元の所有者と思しき記名がありました。
IMG_5155.JPG

SIDE1
XEX579-4 マザー5 スタンパーGOM
タックス・コード K T 浮き彫りあり
IMG_5157.JPG

IMG_5161.JPG

SIDE2
XEX580-1 マザー2 スタンパーGDH
IMG_5158.JPG

IMG_5163.JPG

モノラル・カートリッジで再生するとノイズはほとんど気にならず、良好に聴けました。
例によって、PCMレコーダーで録音し、若干のノイズ除去とノーマライズ処理をしiTunesに取り込んでみました。

マト4/4盤と比較してみると、SIDE1は同じマト4なので確かに同じように聴こえましたが、SIDE2は明らかに音量が違いました。
これは波形で見ても、SIDE1とSIDE2ではっきり違いが確認できました。
特にわかりやすいのは「WHAT GOES ON」、「IF I NEEDED SOMEONE」、そして「RUN FOR YOUR LIFE」。

このマト4/1のハイブリッド盤は、湯浅学氏の著書「アナログ・ミステリー・ツアー 世界のビートルズ1962-1966」でも紹介されてました。
また、井上ジェイ氏の「ビートルズUK盤コンプリート・ガイド」によれば、逆にマト1/4という盤も存在するみたいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。