So-net無料ブログ作成
検索選択

SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND(PCS 7027,YEX 637-1/YEX 638-1) [The Beatles]

ひっさしぶりの更新でございます。

ザ・ビートルズの1967年リリースのアルバム「サージェント・ペパーズ」が発売されてから今年で満50年。
この記念盤がスーパー・デラックス・エディションをはじめ各種、5月26日に世界同時発売されるのは皆さんご承知のことと思います。
http://sp.universal-music.co.jp/beatles/

その予習ではないけれども、UK初版のステレオアナログ盤を今回入手してみました。

というのも、B面最後に収められているいわゆる「インナー・グルーヴ」が、所有している70年代以降のアナログ・マスターによるステレオ盤では中途半端にしか再生されず、最初の(マトリクス1)ステレオ盤ではどうなっているのか確かめたかったのです。
モノラル盤(PCM 7027)は以前こちらで紹介したとおりです。
http://bittersweethome.blog.so-net.ne.jp/2009-09-05

PCS 7027
IMG_4806.JPG
ジャケットの色はなかなかいい感じです。もちろんコーティング・カヴァー。
少し光が映り込んでしまいました。

IMG_4807.JPG
裏面右上に「PCS 7027 Stereo」と表記あり。また右下には「This is a stereo recording.」と書かれています。

IMG_4809.JPG

IMG_4810.JPG

インナー・スリーヴは無地のもの(オリジナルなのかは不明)が付いていましたが、ダメージが大きく使用に耐えないので、別に入手したカンパニー・スリーヴに差し替えました。
IMG_4813.JPG

マトリクス番号:YEX 637-1 マザー:2、 スタンパー:GRP
IMG_4818.JPG

マトリクス番号:YEX 638-1 マザー:1、 スタンパー:GRD
タックス・コード K T 刻印あり
IMG_4821.JPG

PCMレコーダーによるデジタル・アーカイヴを行いつつ、モニターしてみました。
若干ノイズ箇所はあるものの、概ね良好。十分楽しめます。
サイケ・スリーヴではないものの、ちゃんとカット・アウトも付いていてこれで送料込3,500円!よい買い物でした。

さて、インナー・グルーヴですが、モノラル・ステレオそれぞれのマト1及びその他を比較した動画がYouTubeにあったので、貼っておきます。


私の持っているモノ、そして今回入手のステレオ(いずれもマト1)も、この動画で聴けるものと同じのようです。

思えば私が最初にこのアルバムを聴いたのはEASで始まるカタログ番号の東芝EMI盤で、これにはインナー・グルーヴは収録されていませんでした。
初めて聞いたインナー・グルーヴは1987年に出た初版CDで、リピートしてフェイド・アウトするものでした。これは2009年リマスターCDでも同様かと思いますが。
ただ、アナログ盤へのカッティングは、このCD版のようにはうまくいってないのでは?と思います。

「レコーディング・セッション」を読むと、このインナー・グルーヴに関しては原盤のカッティングに苦労したみたいで、何回もやり直したそうです(お持ちの方は、1967年4月21日の項をご覧ください)。

ところで、インナー・グルーヴ部分にカッティングするというのは、カッターをどの時点でラッカー盤から持ち上げるのかすごく大変な作業に思えるのですが、どうやっているのでしょうね?
再生する分にはただ回しておけばいいのですが、刻むときはカッター針をそのまま置いておくわけにはいかないですよね・・・。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。