So-net無料ブログ作成
検索選択

The BEATLES(SWBO 101) [The Beatles]

1968年11月にザ・ビートルズの新設レーベルAppleの第一弾アルバムとしてリリースされた「The BEATLES」。そのジャケット・デザインから通称「ホワイト・アルバム」と呼ばれています。
このアルバムのU.S.盤を今回入手しました。

The BEATLES Stereo SWBO 101
IMG_4742.JPG

IMG_4748.JPG

シリアル・ナンバーはA1867864。
IMG_4743.JPG

ゲートフォールド(見開き)・カヴァーを開くと左下にカタログ・ナンバーがあります。
IMG_4751.JPG

裏面の右上にStereo表示。控えめな表記は、デザイン・コンセプトに適ったものです。
IMG_4745.JPG

SIDE 1
SWBO 1-101-J46’’ △I AM
IMG_4755.JPG

SIDE 2
SWBO-2-101 J45’’ #3 △I AM
IMG_4756.JPG

SIDE 3
SWBO 3-101-J47 #2 △I AM
IMG_4758.JPG

SIDE 4
SWBO 4-101-J44 △I AM
IMG_4759.JPG

アップル・レーベル。最近、U.K.盤よりもこちらの方が美しく思えてきました。
ペンシルヴァニア州スクラントン工場でのプレスであることを示す△の中に「I AM」のマークは、4面全てに入っていました。

<レーベルの特徴>
・Capitolのロゴが裏面(林檎の断面・スライス側)にある。
・後発のものには「Record 1」「Record 2」などの表示が右上にあるが、これにはない。
・Side2の「Rocky Raccoon」が「Rocky Racoon」と誤表記(U.S.盤に共通)。

ジャケットにはシミが盛大にありますが、盤質は良好で、ノイズも皆無ではないものの概ね支障なく聴けました。
たぶん気のせいですが、普段気がつかない音が聴こえるような気がしました。

付属のポスター(裏面が歌詞カード)と4人のポートレイトも完品でした。
ポスターは艶のある紙質で、U.K.盤付属のものより発色が綺麗に思えます。
なお、U.S.盤のポスターでは、ジョンとヨーコの裸のイラストとポールのヌード写真に修正が施されています。

あと、U.S.盤ホワイト・アルバムのエピソードとして有名なのは、初盤のマスタリングがひどい音だったらしく、ロサンゼルス滞在中にたまたまこれを聴いたジョージ・ハリスンがカッティングをやり直させたということです。
私がこの話題を知ったのはネヴィル・スタナード著「ビートルズ大百科(1983年CBS・ソニー出版刊)」でした。さらには湯浅学著「アナログ・ミステリー・ツアー 世界のビートルズ 1967-1970(2013年P-Vine BOOks刊)」でも取り上げられています。

以前紹介したU.K.Stereo盤はこちら。
http://bittersweethome.blog.so-net.ne.jp/2009-09-08

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。