So-net無料ブログ作成
検索選択

A Hard Day’s Night (PCS3058,YEX126-1/YEX127-1;GRAMOPHONE RIM) [The Beatles]

ちょっと大袈裟ですが、ここ数ヶ月ビートルズの(広義の)英オリジナル盤アルバムを追求しております。

物としてのコレクションの要素も多分にあるのですが、音の違いを確かめたいという興味から、ネット・オークションや中古盤屋漁りに注力しています。

版の順番を確認する材料として、手持ちの盤についてジャケット仕様、レーベル表記、マトリクス番号等の刻印などをエクセル一覧表に整理してみました。

image01-1.jpg

image01-2.jpg

IMG_4726.JPG
いわゆるUKオリジナル盤(初版以外を含む、という意味で)は、BOXセットを除きおよそ30枚ありました。

Appleレーベルについてはヴァリエーションがありませんが、Parlophone盤については比較的入手しやすい2EMIマークスstereo盤を中心に、いちタイトル辺りの枚数が多くなっております。

最初は、モノラル盤をいかに安価に集めるかということに力点を置いてました。先にご紹介した「Please Please Me」や「with the beatles」などがその成果です。

ところが先日たまたま視聴したYouTubeの音源でステレオ・ヴァージョンの「IF I FELL」を聴いたところ、右チャンネルのギターの響きにびっくりし、ステレオ・ヴァージョンを今までないがしろにしてたなあと、ちょっと反省?しました。

イエロー・パーロフォンなどオリジナルのステレオ盤で安価な物はなかなか見つけられないので、マトリクス番号が1など初期に近いいわゆる「GRAMOPHONE」リムの盤を中心に探すこととしました。


PCS3058
IMG_4681.JPG
これは「A Hard Day’s Night」のグラモフォン・リム盤。
コーティング・カヴァーですが、右上にstereo表示がありません。

IMG_4683.JPG
ジャケットの裏面。

特徴的なのは、フリック・パック(折り返し)が上下二箇所のみで右側面にないこと。
ない、というか折り返し部分が内側に折り込まれて、糊代になっているようです。
通常の三方折り返しと紙の構成は同じということで、もしかしたら折り間違いなのでは?とさえ思ってしまいました。
IMG_4685.JPG

IMG_4686.JPG

IMG_4687.JPG
インナー・スリーヴはえんじ色の広告付きのものです。
ビートルズ関係ではSGT.PEPPER、ABBEY ROAD、LET IT BEとポールとリンゴのソロ作が載っています。「McCartney」のジャケ写真が裏面になっているのが興味深いです。
えんじ色広告のスリーヴはもう一種類あり、以前紹介したwith the beatlesのスモール・ロゴstereo盤のものです。
http://bittersweethome.blog.so-net.ne.jp/2010-06-11

レーベルはシルバー・パーロフォンの2EMIマークスのタイプ。外周の記述が「THE GRAMOPHONE CO LTD」で始まるグラモフォン・リムです。

YEX126-1
マザー4、スタンパーTR
IMG_4690.JPG

YEX127-1
マザー2 10、スタンパーHH
IMG_4691.JPG

マトリクス番号がいずれも1です。
オークション出品時には「軽いスレ・汚れなど経年程度の傷みはありますが、中古品としては概ねきれいな状態」という説明でしたが、聴いてみたら何の問題もありませんでした。
極めて良好なコンディションで、モノラルばかり好んで聴いていた耳には新鮮に感じました。

IMG_4694.JPG
こちらは向かって左から、イエロー・パーロフォンのmono、今回のグラモリムstereo、EMIリムのstereo、デジリマのmono(実際はstereo)のジャケット。mono/stereo表記、色合いの違いがお分かりいただけるでしょうか。

以前紹介した「A Hard Day's Night」の記事はこちら(7年も前…)。
http://bittersweethome.blog.so-net.ne.jp/2009-08-25
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。