So-net無料ブログ作成
検索選択

大滝詠一 DEBUT AGAIN (SRJL1111) [フィル・スペクター/ナイアガラ]

今年(2016年)の3月21日にリリースされた大滝詠一氏のニュー・アルバム「デビュー・アゲン」には驚かされました。

御多分に洩れず私も二枚組の初回生産限定盤CDを入手しましたが、正真正銘の(そしてまさかの)セルフ・カバー集でした。

このアナログ盤が発売予定されるというので予約したのですが、実はそのことをすっかり忘れていて、ディーラーから出荷メールをもらってようやく思い出す始末でした。
(ちょっと今までと違う注文方法だったので・・・)

ということで、最近同じような内容の記事ばかりで恐縮至極ですが、アナログ盤のご紹介です。

DEBUT AGAIN
NIAGARA SRJL 1111

IMG_4584.JPG
LPジャケットだと、写真のディテールがわかりやすいですね。
大滝氏の後ろにSONYブランドのレコード・プレーヤーらしきものが見えます。

IMG_4585.JPG
リバーシブル・ジャケットっていうんでしょうか。
天地をひっくり返すと裏面はこんな風になってます。

IMG_4588.JPG
インナー・スリーヴ。

IMG_4590.JPG
ステッカーのおまけ付きです。

IMG_4594.JPG
スリーヴの反対側も、80年代を彷彿とさせます。

IMG_4596.JPG
レーベルはCD盤と同じで、ブルーです。

IMG_4598.JPG
盤はずっしり。180グラム重量盤だそうです。

写真はありませんが、限定盤CDと同じデザインのライナーノーツが付いています。

公式サイトでも、アナログ盤の詳細が出ていました。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/EiichiOhtaki/info/468891

IMG_4602.JPG
帯は、ロンバケ以降の80年代を踏襲してますね。
手持ちの盤と並べてみました。

音の評価は改めて。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。