So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴールデン☆アイドル 岡田有希子 到着しました [岡田有希子]

すでにブリッツさんのブログでも紹介されておりますが、7月30日発売の「ゴールデン☆アイドル 岡田有希子」が我が家にも届きました。

今回は、付録というかメインというか、封入されているブックレットについて触れてみたいと思います。

PCCA-50189.jpg
ジャケット表の写真は「Dreaming Girl 恋 はじめまして/気まぐれTeenage Love(7A0416)」の初回ハードジャケットに封入されていた歌詞カードの裏表紙と同じものですね。

7A0416-01.jpg
あまり良い状態のものではありませんが、私が持っているものをスキャンした画像。

2014.8.3追記
同フォトセッションの別テイクと思しき写真。
月刊明星1984年11月号付録「ヤンソン」に掲載の広告です。
yukko.jpg
こちらだとイヤリングがハート型というのがよくわかりますね。
追記おわり

40ページ豪華ブックレットの末尾には「NOT FOR SALE」と記載されてました。

ユッコのシングル盤9枚(!)18曲が収録され、注目されていた「花のイマージュ/秘密のシンフォニー(7A0573)」のジャケット写真と歌詞カードもめでたく「復刻」されました。

こうして並べてみると、ユッコのシングル盤はデザインが統一されていることがよくわかります。
(同時期の他のアイドルのシングル盤事情をまったく知らないので、何とも言えませんが)

基本的には、初回発売のハード・ジャケットないしセミハード・ジャケットの復刻となっています。
カンパニー・スリーブだと裏面にレコード会社名の表記がありませんので違いがわかります。

「花のイマージュ/秘密のシンフォニー」のジャケット・デザインも、もしかしたらセミハード・ジャケットだったのかな、と想像を膨らませてしまいます。


今回のブックレット、なかなかの力作ですが、当時のシングル盤のパッケージを完全に再現したということではありません。
というのは、ファースト・シングル「ファースト・デイト/そよ風はペパーミント(7A0368)」の歌詞カード表表紙と裏表紙にあったユッコのポートレイト写真が収められていないのです。

7A0368-01.jpg

7A0368-02.jpg
(いずれも所有している盤からスキャンしたものです)

もっと言うと、オリジナルの歌詞カードは二つ折り4ページで構成されていますが、今回のブックレットではいずれも表表紙と裏表紙の部分は割愛されてます(「リトルプリンセス/恋のダブルス(7A0402)」のユッコのポートレイトはジャケット本体の見開き部分で再現)。
この割愛されたページには、盤によってはプロデューサー、ミキシング・エンジニア等々のクレジットが載っているので、割と重要な情報だと思っております。

面白いのは「二人だけのセレモニー/PRIVATE RED(7A0456)」の歌詞カード部分で今回のブックレットには手書きタイトルだけのページがありますが、これは私の知る限りではオリジナル盤には初回盤でもカンパニー・スリーブ盤でも無いものです(ページ構成上作ったもの?)。
こうするなら、初回盤に封入されていた1985年版ユッコカレンダーのステッカーのデザインを載せれば良かったのに、と思ってしまいました。
あとは、ユッコオリジナルのレーベル・デザインもあれば、文句なしです。
(あくまでオタク的ファンの戯言(たわごと)です・・・)

肝心の収録曲や音質等については、別の機会に。
タグ:岡田有希子
nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 6

ブリッツ

こんばんは

むむむ・・・そこまで観察してませんでした^^;
もしかしたら「ファーストデイト」のポートレイトは掲載するスペースの問題で割愛となったのかもしれませんね(いい加減な憶測です。。)
あと「花のイマージュ」は以前TV番組かなんかで見た時、何となくカンパニースリーブだった様な気がしましたが、ちょっと記憶が曖昧。。
by ブリッツ (2014-08-02 21:41) 

はじめたろう

ブリッツさん、コメントありがとうございます。

花のイマージュのシングル盤ジャケットは、プロデューサーだった渡邉有三さんが手に持って「この一枚しか無い」と言っていたような場面を、TVで見たような気がします(ような×2で、かなりあやふや)。
さすがにその時は、スリーブの状態まで気にしてませんでした。
by はじめたろう (2014-08-02 22:19) 

Tetsuya

はじめたろうさん、初めまして。
遅ればせながら、私も「ゴールデン☆アイドル」購入いたしました。
残念ながら、当時のアナログ盤は持っていなかったので、
はじめたろうさんの詳細な分析を、たいへん興味深く拝見しました。

今回のシリーズ、ユッコのブックレットは、
他の歌手に比べて丁寧に復刻されているものと思っていましたが、
やはり、現物の完全復刻というわけではなかったのですね。
そのへんはちょっと残念……。

ところで、「花のイマージュ」の歌詞カードですが、
このページだけは、今回の企画のために新たに制作したものと思われます。
 ※使われているフォントが、1990年代以降に作られた「ヒラギノ明朝」という書体のため。

「メモリアルBOX」で復刻されたジャケットの内側に掲載された歌詞カードも、
ゴシック体で新たに制作されたものでした。
ジャケットは完成していたものの、歌詞カードは未完成だったということでしょうかね。

ただ、今回は、他のシングルと同じデザインで作ってくれたおかげで、
違和感なく受け入れることができますね。
ここはスタッフに感謝です。
by Tetsuya (2014-09-11 13:13) 

はじめたろう

Tetsuyaさん、はじめまして。

「花のイマージュ」のジャケット及び歌詞カードについて貴重な情報ありがとうございます。
「メモリアルBOX」、私は未所有かつ未見のため、大変参考になりました。

歌詞カードのフォント、改めて見てみると確かに他の曲のものと異なりますね。「の」の字などで比較すると分かりやすいみたいです。

「Summer Beach」以降の歌詞カードはデザインの共通性が保たれてますね。「花のイマージュ」のリプロダクト(?)もこれを踏襲したということでしょう。
by はじめたろう (2014-09-12 22:27) 

yaya

上記の花のイマージュの「この一枚しかない」盤は、水色(見本盤)カンパニー・スリーブの2つ折りジャケットでした。
by yaya (2017-04-17 11:57) 

はじめたろう

yayaさん、コメントありがとうございます(更新停滞してますが、ネット接続はしております)。
見本盤仕様だったのですか。セミハード・ジャケットではなかったのですね。
サン・ミュージックかポニーキャニオンで実物が残っているならば、何かの機会に公開してもらえるといいのに。
by はじめたろう (2017-04-17 21:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。