So-net無料ブログ作成

コレクタブルなユッコのシングル盤(その4:初回盤枚数と売上) [岡田有希子]

ユッコのシングル盤のジャケットについて、新発見の報告です。

5thシングル「Summer Beach」の、カンパニー・スリーブ仕様が見つかりました。
(情報を寄せていただいた健司さん、ありがとうございます)

先日、オークションで入手したのがこちら。
IMG_0037.JPG

二種類を並べてみたところ。
右がセミハード・ジャケット、左がカンパニー・スリーブ(の歌詞カード)です。
IMG_0040.JPG

同様に、裏面です。
IMG_0041.JPG

歌詞カード内側の地色が白というくらいで、それほど違いはありません。
IMG_0039.JPG

ポートレイト裏面に「キャニオン・レコード」の表記がないのは他のカンパニー・スリーブ仕様と同様です。
IMG_0042.JPG

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

さて、これでユッコのシングル盤8枚のうち、カンパニー・スリーブ仕様が存在するものは5枚(2nd、3rd、4th、5th、8th)が確認できました。
ここで、シングル盤初回限定仕様枚数と売上枚数の関係を整理してみます。

1st 「ファースト・デイト」(オリコン最高位20位)
初回枚数 不明
売上枚数 105,530枚

2nd 「リトル プリンセス」(同14位)
初回枚数 70,000枚
売上枚数 93,970枚

3rd 「-Dreaming Girl- 恋、はじめまして」(同7位)
初回枚数 100,000枚
売上枚数 128,830枚

4th 「二人だけのセレモニー」(同4位)
初回枚数 150,000枚
売上枚数 146,850枚

5th 「Summer Beach」(同5位)
初回枚数 200,000枚
売上枚数 136,350枚

6th 「哀しい予感」(同7位)
初回枚数 200,000枚
売上枚数 88,570枚

7th 「Love Fair」(同5位)
初回枚数 不明
売上枚数 120,020枚

8th 「くちびるNetwork」(同1位)
初回枚数 不明
売上枚数 231,450枚

初回限定仕様枚数は、販売促進ポスター※の記載で確認しました。
※(アイドル・プレミアムグッズの専門店荒魂書店さんのサイトを参考にさせていただきました)

売上枚数はオリコン・エンタテインメント社刊行の「SINGLE CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1968-2005」により確認。
(この本、28,000円もするのでもちろん所有していません。図書館で閲覧してきました)
ただしこれは、チャートランクイン期間中の数字のため、実際のメーカー出荷数はもっと多いと思われます。

これらを見ると、「リトル プリンセス」や「恋、はじめまして」は明らかに初回出荷を上回る売上となったため、セカンド・プレス(カンパニー・スリーブ仕様)が出されたということが判ります。
「二人だけのセレモニー」も、結果的に売上が伸びたのだろうと思われます。

最初(で最後)の首位となった「くちびるNetwork」も23万枚のヒットだったので、初回仕様ジャケットが20万枚だったと仮定すればセカンド・プレスの出荷もあったのかも知れません。

さて、そこで疑問に思うのは、今回ご紹介した「Summer Beach」です。
初回枚数と売上枚数の差が(チャート期間中とはいえ)6万枚余あるというのに、カンパニー・スリーブ仕様が出ていたというのが不思議です。

「哀しい予感」と「Love Fair」は、セミハード仕様のみしか存在しないのではないかと思っているのですが、もしかしたら・・・。

(ユッコのシングル盤について何か情報をお持ちの方、コメント欄でお寄せください。お待ちしています)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。