So-net無料ブログ作成

ビートルズのUKアナログLP(その10) [The Beatles]

怒濤の更新(?)でございます。

今回は、聴く機会の多いこのアルバムです。
IMG_a2586.jpg

THE BEATLES
PCS 7067-8
IMG_a2585.jpg

通称「ホワイト・アルバム」のステレオ盤です。
全面ビニル・コーティングされているジャケットは、開くとパリパリという音がします。独特の匂いとあいまって雰囲気があります(リマスターのモノ・ボックス盤も、匂いまでの再現は無理?)。

アルバム・タイトルはエンボス加工されていますが、シリアル・ナンバーの表記はありません。
色調がうまく再現できていませんが、実物はオフ・ホワイトで美しいです。

IMG_a2589-44f09.jpg
レコードは普通に横から出し入れするタイプで、折り返しフラップはありません。

IMG_a2588-4fed3.jpg
IMG_a2587-c57c5.jpg
背文字。STEREOとMONOを兼ねていますが、同時期にはモノラル盤は出ていないと思います。

ディテールを検証。
IMG_a2591-6bd52.jpg

ジャケット製作はGarrod and Lofthouse International Ltd.となっていて、この表記はポスターにもあります。
IMG_a2590-2c896.jpg
IMG_a2598-523f7.jpg

IMG_2599.JPG
ポスターと、ポートレイトのオマケ付き。残念ながら、ジョンが欠けています。

この盤は、15年くらい前に広島へ遊びに行った際に、「レコード・マップ」という毎年更新されているガイド・ブックを手に立ち寄ったレコ屋さんで買ったものです(この広島行ではいろいろ収穫がありました)。

IMG_2592.JPG
一枚目のインナー・スリーブ。

IMG_2593.JPG
IMG_2594.JPG
SIDE ONE / TWOのマトリクス番号は、YEX 709-1 / YEX 710-3。

IMG_2595.JPG
二枚目のインナー・スリーブ。一枚目とデザインが異なります。

IMG_2596.JPG
IMG_2597.JPG
SIDE THREE / FOURのマトリクス番号は、YEX 711-1 / YEX 712-2。

このアルバムも、モノラルとステレオでミックス違いが多く、どちらも人気が高いですね。

モノラルについてはブートレグの紙ジャケCDを持っていますが、割としっかり聴けます。
ポートレート写真こそありませんが、ポスターの縮小版は付いてました(ジャケットには入らない大きさです、笑)。
カーナビのサウンド・コンテナにこのCDをセットして再生したところ、ちゃんとアルバム・タイトルや曲情報を認識したのにびっくりしました。海賊盤なのになぜ?。


曲によっては、「サージェント・ペパーズ」よりも音作りに凝っている部分が多く、例えば「Birthday」のピアノってどう録ったのだろう?と昔から不思議に思っています。
ちなみにこの曲、一日で書き上げ、録音し、モノ・ミックスも明け方に終了しているのです!

今回のリマスターCDでも、どうなっているか楽しみなアルバムです。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。